生前相談を考える


遺品整理を経験されたことがある人ならわかるかもしれませんが、遺品整理とは本当に悩む事があります。これは本当に処分しても良いのか?子供に残していきたいと大事にしていた物ではないのか?価値があるものだから換金したほうが良いと思っていたのではないのか?などなど、、、自分の判断で決断しても良いのかがわからなくなり、ただでさえ身内が亡くなり心身消失している状態で、業者の人に指示を出してあげないと、業者の手も止まってしまうし、、、現場でパニックになってしまう依頼者も多いそうです。こんなときに故人の声を聞きながら必要な物、必要でない物の仕訳ができればスムーズに作業が進むのでしょう。しかし、実際にそんなことは不可能です。しかしこれを可能にする方法があり、故人が生前のうちに遺品整理業者へ依頼をすることです。生きているうちに遺品整理となると気持ち的にはネガティブになりがちですが、残された子供の事を考えると、これも方法の一つなのかなと思います。遺品整理業者に事前予約をして、いる物いらない物の仕分けや、換金するものなど、相続に対する事など、ひととおり済ましておけば自身も、子供達も安心ができると思うのです。死ぬ準備ということでは無く、家族の安心の為にする作業と思うば、やっておいても良いことなのではないでしょうか。