信頼の出来る業者の見分け方と知識


遺品整理を考えるにあたり、出来る限り低料金で質の良い仕事してくれる優良業者に依頼をしたいと思いますよね?しかし遺品整理業者の中には高料金で質の低い悪徳業者もいます。

そこで優良業者と悪徳業者の見分け方について考えていきたいと思います。

遺品買取に関わる資格

インターネットでホームページを見ても、なかなか判断は難しいものです。客観的に判断をするのであれば、その会社が資格を持っているかを見るべきでしょう。遺品整理会社にとって最低限もっていなくてはダメなものとして「遺品整理士」「産業廃棄物収集運搬」「古物商」などが上げられます。どの資格も無いと遺品整理業が開業できないわけではありません。ハッキリ言ってしまえば資格が無くても開業できてしまうのです。

遺品整理士

しかし資格を所持している会社は、「遺品整理士」については、遺品整理の組合で定められている遺品整理の進め方について必要な知識についてレクチャーを受けています。遺品整理の運転免許証みたいなものですかね。

産業廃棄物収集運搬

「産業廃棄物収集運搬」については、遺品整理で出た多くの処分品をゴミ処理場まで運ぶわけですから、この資格が無いとゴミ処理について外注しなくてなくなり、コストが高くなってしまいます。

古物商

「古物商」については、処分する多くの遺品の中から値が付く物を買い取ってあげれば、依頼者の負担は軽減されます。その買い取りをする為には必要な資格です。

業者に見積もりを取る時などには、このような資格を所持しているのかを確認しながら検討をされると良いと思います。この先遺品整理が認知されるにつれ、こういった資格を持っていないと開業が出来ないような形に近い将来変わるかもしれませんね。

遺品整理の事なら遺品整理ナビゲーターへ